セロトニンを増やすならアロマ!!簡単なアロマで気持ち良く眠れるようになった話

   

どうも!むつきです。

 

今日はセロトニンを増やすアロマの話をしますね。

 

不眠症で悩んでいた

僕は自分にあったアロマを選んで

自分にあった使い方をして

寝入りが良くなってぐっすり眠れるようになりました。

 

 

朝の目覚めも良くなり

朝の支度も余裕でできるようになりました。

 

 

会社に着く時間も早くなり気持ちに余裕が出て
仕事がサクサク進みました。

 

 

最初は男性の僕がアロマを使うのは

ダサい気がしました。

 

けれども不眠に悩んでいた僕は
アロマはセロトニンを

増やす効果があると知りました。

 

 

そしてアロマを使って

ぐっすりと眠れるようになりました。

 

 

アロマを使う前は

僕の部屋が香水の様な

香りがする部屋にならないか

心配でした。

 

 

電車の中などで

僕の嫌いな香りの香水が漂うと

少し気分が悪くなります。

 

 

それに日中に僕の洋服や頭から
女性の様な香りがしないか心配でした。

 

 

眠りたいのに眠れないのは本当に辛いです。

 

 

夜になって布団に入っても

頭の中でイヤなことや

心配事がぐるぐると浮かんできます。

 

 

僕は会社で失敗をして怒られたり
上司にイビられたりしていたので

「明日は何を言われるだろうか」
「失敗したらどうしよう」
いろいろと悩んでしまいました。

 

 

仕事の事や眠れない事でイライラしていました。

 

 

 

それが
アロマを使い始めてから
徐々にイライラしなくなってきました。

 

 

勿論即効性のある睡眠薬ではないので

すぐに効果はわかりませんが

続けていると

寝入りがとても良くなっていました。

 

 

熟睡できるようになって

朝もスッキリ目が覚めるようになりました。

 

 

朝の目覚めが良いので

朝の支度も余裕でできました。

 

会社に着く時間も早くなり気持ちに余裕が出て

仕事がサクサク進みました。

 

 

失敗も減って自信がついてきました。

 

 

気持ちが明るくなってきて

先輩からも「カッコよくなった」と言われました。

 

 

そして上司からもイビられなくなりました。

 

 

本当に良かったと思いました。

 

 

そこでこれから僕の経験したアロマの話をしていきますね。

 

セロトニンを増やすアロマ・自分にあった使い方

アロマといえば何を想像しますか?

 

最初に僕が考えたのは

インテリアショップなどで

加湿器から香りが出ているものや

芳香剤タイプのものでした。

 

 

アロマには様々な方法があります。

 

 

アロマテラピーの基本は芳香浴です。

 

 

香りを嗅ぐと

感情や記憶、神経などに作用して

心と身体の様々な機能に働きかけてくれます。

 

 

そこで
空気中に精油を拡散させて

鼻から芳香成分を取り入れます。

 

 

方法としては僕が始めにイメージした

アロマポットやアロマ加湿器

精油を入れて棒を差し込む芳香剤型などがあります。

 

部屋の中をお気に入りの香りで

いっぱいにするのが好きならば

ちょうど良い方法ですね。

 

 

僕の女性の同僚は
「お花畑に包まれている様で癒されて良く眠れる」
と言っていました。

 

 

次の日の目覚めは本当に爽やかでハッピーになれるそうです。

 

 

入社した時は緊張からのストレスで声も小さく

全く元気のなかった女性でしたが

今は明るく仕事もテキパキとこなす素敵な女性です。

 

 

同僚はラベンダーの精油を使っていました。

 

 

ラベンダーは「ハーブの女王」とも言われています。

 

 

ラベンダーには

イライラを鎮める効果や中枢神経のバランスを整える作用

殺菌作用、消炎作用など沢山の効果がある

酢酸リナリルと呼ばれる物質が含まれています。

 

 

酢酸リナリルにはセロトニンを誘発する効果があるとされています。

 

「幸せホルモン」と呼ばれる

セロトニンの分泌が活性化されると

不安や恐怖感が抑えられます。

 

 

また夜の寝つきを良くするためには

朝に太陽の光が目から刺激を与えて分泌が活性化した

セロトニンが必要です。

 

 

朝に分泌が活性化したセロトニンをもとにして

夕方に「睡眠ホルモン」と呼ばれる

メラトニンが多く分泌されるからです。

 

 

お天気の悪い日もありますよね。

 

 

部屋中にラベンダーの香りが漂っていれば

セロトニンを誘発してくれるので

ラベンダーはセロトニンを増やすために使う

アロマにピッタリです。

 

 

僕の場合は

「男が花の匂いの部屋にいるのはダサい」

というプライドがありました。

 

 

香りをもとにイビられないかという不安がありました。

 

 

 

けれども

他人がどう思うかなんてことよりも

本当に眠れなのは辛いし健康にも絶対良くないし

つまらないプライドは思い切って捨てました。

 

 

思い切って変なプライドを捨てたおかげで

熟睡できるようになって

朝もスッキリ目が覚めるようになりました。

 

 

ホントつまらないプライドでした。

 

 

プライドを捨てた僕は
一番お手軽簡単な方法を使うことにしました。

 

 

 

どんな方法を使って
アロマを使ってセロトニンを増やしたのか
次に話していきますね。

 

セロトニンを増やすアロマ・お手軽編

僕は芳香浴の中で一番簡単で

部屋にも身体にも香りが

残りにくい方法を使っています。

 

 

それは
ハンカチを利用する方法です。

 

 

ハンカチに精油を1~2滴程度落とします。

 

 

それを枕元に置いたり

仕事中にイライラしてしまった時に

鼻を近づけて深呼吸します。

 

 

アロマの深呼吸をすると

イライラが自然とおさまってきます。

 

 

「さあ!気分を変えてもう少しだけやってみるかな」

という気分になります。

 

 

そうすると
さっきと少しだけ違う景色が見える気分になります。

 

 

 

昼間のイライラが減ってくると

仕事も失敗しなくなりました。

 

 

夜寝る時も

枕元の香りのおかげで

眠れない不安が安らいで

自然と眠れるようになりました。

 

 

朝から枕元の香りのおかげスッキリと目が覚めました。

 

 

 

朝起きて軽く身体を起こすことが出来るので

爽やかにカーテンを開けることができました。

 

 

カーテンを開ける時間が以前より早くなって

その分余分に太陽の光もあびられます。

 

 

セロトニンが増えること間違いなしです。

 

 

 

目覚めが良くなって

朝の支度はサクサク進んだので

会社に遅刻寸前に入ることはなくなりました。

 

 

 

上司からも

「最近はりきっているね」と言われました。

 

 

僕はビターオレンジの木の若い葉や枝から抽出される

プチグレンというアロマの香りが好きです。

 

 

 

ネロリという

同じビターオレンジから

抽出するアロマもあります。

 

 

 

ネロリは花から取られた精油で

こちらもリラックス効果はあります。

 

 

プチグレンは

酢酸リナリルの含有量が多いアロマです。

 

 

酢酸リナリルにはセロトニンを誘発する効果があるとされています。

 

 

 

そのためにリラックス効果だけではなく

睡眠に大変効果があります。

 

 

香りは花や果実ではなくて

どちらかと言うとウッディー調で自然な感じです。

 

 

デオドラントの効果もあるので

男性には持ってこいのアロマです。

 

セロトニンを増やすアロマ・用法を守りましょう

いくらセロトニンを増やすために使うアロマでも

用法を守らないと逆効果です。

 

 

精油によってはハンカチにシミができます。

 

 

大切なハンカチにシミができてショックを受けないように

僕はアロマ専用ハンカチを決めています。

 

 

効果を期待しすぎて

鼻に近づけすぎるのも要注意です。

 

 

アロマの種類によっては

妊娠中や乳幼児には適さないことがあります。

 

 

ラベンダーは妊娠中は流産の危険があるので使用しないで下さいね。

 

 

特別な規定はありませんが

かすかな香り以外で

3歳以下のちいさなお子様には使用を控えましょう。

 

 

猫などのペットもアロマで中毒を起こすことがあります。

 

 

お気に入りのアロマを使う前には

必ず必ず

精油や器具の注意書きを読んで正しく使って下さいね。

 

まとめ

 

セロトニンを増やすアロマ

アロマテラピーの基本は芳香浴
空気中に精油を拡散させて鼻から芳香成分を取り入れる。

 

アロマポットやアロマ加湿器
精油を入れて棒を差し込む芳香剤型などの方法がある。

 

ラベンダーには酢酸リナリルと呼ばれる物質が含まれている。

 

酢酸リナリルにはセロトニンを誘発する効果がある。

 

セロトニンの分泌が活性化されると不安や恐怖感が抑えられる。

 

ハンカチを利用する方法がある。

ハンカチに精油を1~2滴程度落とす。

 

それを枕元に置いたり

仕事中にイライラしてしまった時に鼻を近づけて深呼吸する。

 

 

ビターオレンジの木の若い葉や枝から抽出される

プチグレンというアロマは酢酸リナリルの含有量が多い。

 

いくらセロトニンを増やすために使うアロマでも

用法を守らないと逆効果

お気に入りのアロマを使う前には

必ず精油や器具の注意書きを読んで正しく使う。

 

 

ハーブの休息レビュー、飲むだけで睡眠の質を上げられる最強のドリンク

 

思い出した時にやればOK、5分でできる睡眠の質の上げ方

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんにちは、むつきです。

僕は不眠症でしたが睡眠の勉強をして今ではそれもなくなり

嘘のように寝られて朝スッキリ起きられるようになっています。

 

ですが、

そんなの怪しいですよね。

 

お前には才能があったんだろ?とか思う人もいると思います。

 

僕はもともと睡眠の質がよかったわけでもなければ、

勉強が得意だったわけでもありません。

 

そんな僕でも睡眠の質を上げて、

布団に入ってすぐに寝られて朝までぐっすり寝られるようになりました。

 

どんな人でも睡眠の質を上げることができるし

学んでいけば誰でも快適に寝られるようになれる。

 

僕が快適に寝られるようになった情報を包み隠さず書いています。

      

むつきの睡眠メルマガ

 - セロトニン