セロトニンを増やすにはストレッチ!ストレッチで夜の寝つきが良くなった話

   

どうも!むつきです。

 

 

今日はストレッチをして

夜の寝つきが良くなった話をしますね。

 

 

ストレッチをするとセロトニンの分泌を増やす作用があります。

 

 

僕はストレッチを始めて夜の寝つきが良くなりました。

 

 

 

夜グッスリ眠れるようになり

朝もスッキリと目が覚めるようになりましたよ。

 

 

 

朝スッキリと目が覚めて

朝のストレッチをすると

ますます元気になりました。

 

 

 

仕事も意欲的にできるようになって

楽しくなりましたね。

 

 

 

先輩からも

「やるね~」と褒められるようになりました。

 

 

 

不眠で悩んでいた時の僕は

上司からのイビリや仕事上のミスが重なり

ストレスに押しつぶされそうになっていました。

 

 

 

 

家に帰っても不安しかなくて

イヤなことばかり頭に浮かんで

眠れなくなりました。

 

 

 

今思えば

本当に本当に毎日がイヤでしたね。

 

 

 

「目が死んだ魚みたいだよ」

「かなり体調が悪そうに見えるけど」

など周りから心配されました。

 

 

 

僕もさすがに

「このままではヤバいかもしれない」

そう思ったので睡眠に関する勉強をしました。

 

 

 

ストレスを抱えている人は

呼吸が浅くなりいつも不安で

身体をこわばらせていて

身体がカチカチだそうです。

 

 

 

たしかに

上司に怒鳴られている時は

無意識に身体に力を入れて

息を止めていましたね。

 

 

 

 

身体がこわばった状態では

血行も悪く酸素など十分な栄養が身体中で不足します。

 

 

 

 

 

そうなれば睡眠や不安を和らげるのにとても大切な

セロトニンも十分に分泌されません。

 

 

 

そこで

僕はセロトニンの分泌を増やすために
ストレッチを始めました。

 

 

 

次にその時のことを話していきますね。

 

セロトニンを増やそう!朝のストレッチ

セロトニンは「幸せホルモン」とも呼ばれる脳内ホルモンです。

 

朝に太陽の光が目から脳に刺激を与えると

セロトニンの分泌が活性化して目が覚めます。

 

 

 

目覚めてから14~16時間たつと

朝分泌されたセロトニンをもとにして

「睡眠ホルモン」と呼ばれるメラトニンが分泌されて眠くなります。

 

 

また、

セロトニンは分泌が活性化されると

不安感や恐怖感も抑えられます。

 

 

 

 

僕はまずセロトニンの分泌を増やすために

朝積極的に太陽の光を浴びることにしました。

 

 

 

朝から十分にセロトニンの分泌を増やしておけば

夜の寝つきが良くなります。

 

 

けれども血行が悪いなど身体に不調があると

セロトニンは十分に分泌されません。

 

 

 

そうとは知らずに僕はめっちゃがんばって

朝から部屋のカーテンを開けたりしました。

 

 

すると普通太陽の光は

「爽やかな朝日」というイメージがあるはずなのに

体調の悪い僕にとっては

「まぶしい!キツイ!」とイライラしてしまいました。

 

 

そこで最初は

夜寝る前からカーテンを10㎝ほど開けておいて

目が覚めた時に少しだけ光を入れる状態で

伸びをすることから始めました。

 

 

 

深呼吸で息を整えてベッドの上で足首を回して伸びをしました。

 

 

 

呼吸を整えて一定のリズムで足首を回すのがコツです。

 

 

最初の数日はこれだけです。

 

 

 

それでも

身体の中で何かが流れてホクホクして

「気持ち良い~」と感じました。

 

 

この「気持ち良い~」という感覚も

セロトニンの分泌を増やす効果があるのですよ。

 

 

朝のストレッチを始めて数日たつと

イライラした朝の太陽の光も

僕の中で「爽やかな朝日」に変わりました。

 

 

 

ちゃんとカーテンを開けることもできました。

 

 

 

だんだんと夜にはあくびが出るようになり

寝つきが良くなりました。

 

 

 

夜寝つきが悪い時のイライラが無く

ぐっすり眠れるので

朝の目覚めもスッキリして

朝の支度も余裕でできました。

 

 

 

セロトニンの分泌を増やすためのには

リズミカルな運動(規則的な動きの運動)が

良いとされています。

 

 

 

運動を始めて5分後くらいからセロトニン濃度が高まります。

 

 

 

慣れてきたら

自分にあったストレッチをさがすのもおススメです。


目覚めすっきり!おふとんの上でできる簡単ストレッチ

 

セロトニンを増やそう!昼のストレッチ

セロトニンは分泌が活性化されると

不安感や恐怖感も抑えられます。

 

学生から社会人になった僕は

上司から「そんな仕事もできないのか」とか

「若い者が一番先に会社に来ないとおかしい」とか

いろいろと言われました。

 

 

 

僕が仕事で一度ミスをした後は

何かにつけて僕を怒鳴りつけるようになりました。

 

 

僕は「またミスをしないか」ビクビクするようになり

ストレスがどんどんたまるようになりました。

 

 

 

身体もカチカチに固まっていたので

昼間も仕事の合間にストレッチをすることにしました。

 

 

ストレッチと呼吸法の基礎

 

 

 

 

 

背中と肩​がしんどいと感じたときのストレッチ

 

僕は特に身体が固まって肩がしんどかったのですが

ストレッチを始めてから随分楽になりました。

 

 

 

ストレッチをすると

身体が軽くなり気分が変わります。

 

 

 

「伸びた~」「気持ち良い~」となって

セロトニンの分泌か増えるおかげで

嫌な仕事も頑張れました。

 

 

 

 

心に余裕が出てくると

仕事のミスが減って上司も怒らなくなりました。

 

しんどい時はストレッチ!

最初は

仕事の合間にコソッと

伸びをする程度でした。

 

 

 

仕事の合間に一人深呼吸したり

腕を伸ばしたりしていたら

また「何やってるんだ!」と怒鳴られないか

ドキドキビクビクでした。

 

 

 

そんな緊張状態でストレッチをしても少しも効果は無く

むしろ逆効果なのでやめようかと思ったことがありました。

 

 

 

 

それでも

しんどい時のストレッチは気持ちが良く

ストレス解消に本当に役にたったので

イライラした時はトイレに行く感じで席を外すことにしました。

 

 

 

プレッシャーを感じたときのストレッチ

 

 

ストレッチを続けていると

だんだんとストレスがたまらなくなって

夜も不安で眠れないと心配することも無くなりました。

 

 

 

ストレッチのおかげで

すっかり夜の寝つきは良くなって

ぐっすり眠れるようになりました。

 

 

 

 

次の日の朝は目覚めが良く

気持ちよく部屋のカーテンを開けて

朝の光を浴びることができましたよ。

 

まとめ

 

 

ストレッチをするとセロトニンを分泌を増やす作用がある。

 

セロトニンは「幸せホルモン」とも呼ばれる脳内ホルモン。

 

 

朝に太陽の光が目から脳に刺激を与えると

セロトニンの分泌が活性化して目が覚める。

 

 

目覚めてから14~16時間たつと

朝分泌されたセロトニンをもとにして

「睡眠ホルモン」と呼ばれるメラトニンが分泌されて眠くなる。

 

 

「気持ち良い~」という感覚も

セロトニンの分泌を増やす効果がある。

 

 

セロトニンの分泌を増やすためのには

リズミカルな運動(規則的な動きの運動)が良い。

 

 

セロトニンは分泌が活性化されると不安感や恐怖感も抑えられ

ストレス対策になる。

 

しんどい時はストレッチ!

 

Suyatto ~ハーブの休息~を使って睡眠の質を上げて夜ぐっすり寝よう!!

 

キリツテインで睡眠の質を上げて朝スッキリ起きて日中も快適に!!

 

腹式呼吸で快適な眠りを手に入れろ!夜寝付けない時の対象法!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんにちは、むつきです。

僕は不眠症でしたが睡眠の勉強をして今ではそれもなくなり

嘘のように寝られて朝スッキリ起きられるようになっています。

 

ですが、

そんなの怪しいですよね。

 

お前には才能があったんだろ?とか思う人もいると思います。

 

僕はもともと睡眠の質がよかったわけでもなければ、

勉強が得意だったわけでもありません。

 

そんな僕でも睡眠の質を上げて、

布団に入ってすぐに寝られて朝までぐっすり寝られるようになりました。

 

どんな人でも睡眠の質を上げることができるし

学んでいけば誰でも快適に寝られるようになれる。

 

僕が快適に寝られるようになった情報を包み隠さず書いています。

      

むつきの睡眠メルマガ

 - セロトニン