セロトニンを増やすお茶はどれ?お茶を変えたら寝入りが良くなった話

   

どうも!むつきです。

 

今日はセロトニンを増やすお茶の話です。

 

 

普段何気なく飲んでいるお茶ですが

その中にセロトニンを

増やす作用があるお茶があります。

 

 

僕はお茶を飲んで夜の寝つきが良くなりました。

 

 

 

寝つきが良くなりそのままぐっすりと朝まで眠ると

次の朝の目覚めは抜群に良くなりました。

 

 

 

朝の目覚めが良いので

慌てずに部屋のカーテンを開けて

洗顔など身支度も思う通りにできました。

 

 

 

朝ごはんもしっかり食べるようになって

昼前に空腹でふらつくことも無くなって

「最近見違えるくらい元気だね」

と周りから言われましたよ。

 

 

 

セロトニンを増やす作用があるお茶の

存在を知らなかった時は

朝起きるのがやっとでした。

 

 

 

 

午前中ずっと雲の上にいるみたいにフワフワして

まっすぐ歩いている気がしませんでした。

 

 

 

 

何も考えることができず

髪型が変でも、朝ごはんを抜いても

「まあ~いいや」と思いました。

 

 

 

 

 

その頃の僕は見た目も性格も

周囲から印象が悪かったと思います。

 

 

 

 

ほんとカッコ悪い話です。

 

 

 

 

不眠を解消するために睡眠の勉強をした後の僕は

セロトニンを増やす作用のあるお茶を飲むようになって

ぐっすり眠れるようになりました。

 

 

 

 

以前は夜寝る前に

「明日は間違わずに仕事ができるだろうか」等

不安に思うことは山ほどありました。

 

 

 

 

いろいろ考えてしまって眠れなかったのに

セロトニンを増やす作用のあるお茶を飲むようになって

だんだん不安が薄れてきました。

 

 

 

 

不眠で悩んでいた時の僕は

良く眠れるようになるお茶があるとは知らずに

 

飲みたい飲み物を飲みたい時に飲んでいました。

 

 

 

今思えばなかなかのアホでしたね。

 

 

 

 

この後そのことを話していきますね。

 

 

セロトニンを増やすお茶:緑茶

セロトニンを増やす作用のあるお茶は緑茶です。

 

 

僕は喉が渇いた時や食事の時に

好きなもの、飲みたいものを飲んでいました。

 

 

 

お茶の中では麦茶が好きでした。

 

 

 

その他ペットボトルの水やコーラなど

いろいろ飲んでいました。

 

 

 

会議なんかでは緑茶が出てきましたが

これは喉が渇いて飲むというよりは

決まった柄の湯飲みで出される飾りみたいなもので

特に気にしていませんでした。

 

 

 

 

むしろ

「じゃまだな」くらいに思っていましたね。

 

 

 

ところが以外にも

この緑茶がセロトニンを増やす

作用のあるお茶だったのです。

 

 

 

 

 

セロトニンは「幸せホルモン」とも呼ばれる脳内ホルモンです。

 

 

 

朝に太陽の光が目から脳に刺激を与えると

セロトニンの分泌が活性化して目が覚めます。

 

 

 

目覚めてから14~16時間後に

朝分泌されたセロトニンをもとに

「睡眠ホルモン」と呼ばれるメラトニンが分泌されて眠くなります。

 

 

 

 

夜の寝つきを良くするためには

朝のセロトニンの分泌を活性化することが重要です。

 

 

 

 

セロトニンは分泌が活性化されると不安感や恐怖感も抑えられます。

 

 

 

 

これで様々な不安も和らぎリラックスできます。

 

 

 

 

僕は太陽の光だけに頼らず

緑茶の力も使ってしっかりと

午前中のセロトニンの

分泌を活性化させることにしました。

 

 

 

緑茶には

テアニンというお茶特有のうま味や甘味に関係する

アミノ酸が含まれています。

 

 

 

 

このテアニンにはセロトニンの分泌を活性化したり

脳をリラックスさせたりする効果があります。

 

 

 

 

テアニンを含んだ飲み物を飲むと

リラックスしている時に多く出現するα波という

脳波が多く出現するという報告もあります。

 

 

 

 

テアニンはチャノキに含まれます。

 

 

 

チャノキはツバキ科ツバキ属の常緑時です。

 

 

 

この木の葉っぱを乾燥、発酵させてお茶を作るのですが

発酵の度合いによって紅茶もウーロン茶もほうじ茶など

様々な種類のお茶ができます。

 

 

 

 

紅茶もウーロン茶もほうじ茶ももとは同じだったなんて

知りませんでしたね。

 

 

 

 

ただ

量を比較すると特に緑茶に多く含まれています。

 

 

 

 

テアニンはうま味を構成するアミノ酸なので

味わいが深い新茶や玉露や抹茶には

より多く含まれています。

 

 

 

 

たしかに

僕も会議に出される出がらしの薄い緑茶よりも
ちゃんと入れた美味しい緑茶を飲んだ時は

「お茶うめ~!」となってほっこり気分がリラックスしますね。

 

 

 

 

緑茶はペットボトルでどこでも売っているし

お湯さえあればティーバッグで入れることもできるので

普段飲むにはお手軽です。

 

 

 

 

僕は意識して緑茶を飲むことにしました。

 

 

 

 

会議の時のお茶も「ラッキー」と思い飲むことにしました。

 

 

 

そうするとだんだんと

夜の寝つきが良くなりました。

 

 

 

 

そのままぐっすりと朝まで眠ると

次の朝の目覚めは抜群に良くなりました。

 

 

 

「もう朝かよ~」と布団からはい出していたのに

「がばっ!」と布団から飛び出せるようになって

朝の支度がしっかりとできるようになりました。

 

 

 

 

リラックス効果で

仕事中も細かいハプニングでイライラしなくなりましたよ。

 

 

 

 

ただし緑茶にはカフェインが含まれるので飲みすぎると

覚醒して眠れなくなります。

 

 

 

 

利尿作用もあるので寝る着前に飲むと

夜中に目が覚めてトイレに行きたくなります。

 

 

 

 

カフェンは5時間程度体内に残るので

僕は午後3時以降は緑茶は飲まないことにしています。

 

セロトニンを増やすお茶:羅布麻茶(ラフマ茶)

セロトニンを増やすお茶に

羅布麻茶(ラフマ茶)というお茶があります。

 

中国西の北方に広く分布する

大変生命力の強い植物で

キョウチクトウ科バクシンクルモン属の多年草です。

 

 

 

羅布麻茶(ラフマ茶)にも高いリラックス効果があります。

 

 

 

羅布麻茶(ラフマ茶)はそのまま茶葉として販売されていますが

少し草っぽい味がして苦手な人も多いです。

 

 

 

より日本人好みの味にするために

日本で焙煎して燕龍茶(ヤンロン茶)という名前で

急須に入れて出す茶葉タイプや

ペットボトルタイプのものも販売されています。

 

 

 

燕龍茶(ヤンロン茶)はハーブティーとして

販売されていますが

特に大きな副作用はありません。

 

 

 

カフェインは含まれていないので

夜に飲んでも覚醒の心配はありません。

 

 

 

僕は覚醒の心配がないので

夕方家に帰ってからは緑茶ではなく

燕龍茶(ヤンロン茶)を飲みます。

 

 

 

最初のうちは

飲んでも何も変わらないように思いました。

 

 

 

けれども毎日続けると

だんだんと

「明日も起きるのがいやだ~」「会社消えろ」とか

ネガティブなことを思わなくなりました。

 

 

 

 

布団に入る前にリラックスできて

寝入りがとても良くなりました。

 

 

 

朝の寝覚めもスッキリ爽やかで

「いやだ~」と思わなくなりました。

 

 

 

ただし

寝る直前に飲みすぎるのは止めておきましょう。

 

 

 

せっかく眠ったのに

トイレに行きたくなって目が覚めてしまいますよ。

 

まとめ

 

セロトニンを増やすお茶:緑茶

緑茶には

テアニンというお茶特有のうま味や甘味に関係する

アミノ酸が含まれている。

 

 

このテアニンにはセロトニンの分泌を活性化したり

脳をリラックスさせたりする効果がある。

 

セロトニンを増やすお茶:羅布麻茶(ラフマ茶)

羅布麻茶(ラフマ茶)にも高いリラックス効果がある

何事も「過ぎたるはなお及ばざるが如し」です。

 

セロトニンを増やすためにとお茶を飲みすぎると

胃腸の調子が悪くなる場合があります。

 

 

 

自分の身体にあった飲み方をしましょうね。

 

 

また体調がすぐれない時や心配なことがあれば

必ず医師に相談して下さいね。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんにちは、むつきです。

僕は不眠症でしたが睡眠の勉強をして今ではそれもなくなり

嘘のように寝られて朝スッキリ起きられるようになっています。

 

ですが、

そんなの怪しいですよね。

 

お前には才能があったんだろ?とか思う人もいると思います。

 

僕はもともと睡眠の質がよかったわけでもなければ、

勉強が得意だったわけでもありません。

 

そんな僕でも睡眠の質を上げて、

布団に入ってすぐに寝られて朝までぐっすり寝られるようになりました。

 

どんな人でも睡眠の質を上げることができるし

学んでいけば誰でも快適に寝られるようになれる。

 

僕が快適に寝られるようになった情報を包み隠さず書いています。

      

むつきの睡眠メルマガ

 - セロトニン