睡眠と運動の関係性、快適に寝るための効果的な運動とは

      2018/06/11

こんにちは、むつきです。

 

 

今日は睡眠と運動の関係性について話していきますね。

 

 

運動と睡眠には相関関係があるので

快適に寝るためには運動するのは切っても切り離せません。

 

 

寝つきが悪い人、寝起きがだるい人は時に重要な内容になっていますよ。

 

 

運動することで睡眠にどんな影響を与えるのか

どんな運動がいいいのかを紹介していきます。

 

 睡眠と運動の関係性

 

まずは睡眠と運動の関係性について話します。

 

 

睡眠と運動の関係がわかれば

なんで快適に寝るのに運動が必要なのかわかりますからね。

 

 

運動をすることで

メラトニンっていう夜になると

体に眠くなる信号を送ってくれるホルモンが

たくさん作られるようになるんですよ。

 

 

 

なので運動をすることで夜になると眠くなるので眠りやすくなります。

 

 

運動をすると呼吸も深くなっていくので

体がリラックスできてさらに寝つきもよくなります。

 

 積極的休養

 

積極的休養とは疲れを軽い運動で解消することをいいます。

 

 

スポーツ選手は激しい運動の後に

軽めのジョギングやストレッチをすることで

全身の血行をよくして酸素や栄養素を血行に乗せて

体全体に運ぶようにしています。

 

 

 

こうすることで疲れを取りやすくしているのですよ。

 

 

現代人はデスクワークなどで体をあまり動かさないので血行が悪くなって

体が緊張して肩こりや腰痛などに悩まされている人が多くいます。

 

 

 

こんな状態の人こそ体を動かして血行をよくるすることで

体がスッキリして疲れをとることができるので快適に寝られるようになりますよ。

 

 

でも、運動なんてめんどくさいし長く続かないって人いますよね。

 

 

僕もその1人で

以前ダイエットをしようと思いランニングをしてたんですが

見事に三日坊主で終わってしまいましたw

 

 

そんな三日坊主で終わってしまう人でもできる運動を次は紹介します。

 

 一番は有酸素運動

 

睡眠に一番有効なのは有酸素運動だと言われています。

 

その理由は無理な負荷をかけることなく

長時間やることができるからです。

 

 

やる運動にもよりますが

ウォーキングなどは比較的負荷がかからなく

長時間やれる有酸素運動の代表ですね。

 

 

 

運動が長続きしない人の場合は

何かのついでに運動をするといいですよ。

 

 

例えば会社に行く時に1駅ぶんだけ歩くとか。

 

 

これなら会社に行く途中のことなので

歩くことがそこまで苦になりません。

 

 

しかも1駅だけなのでそんなに歩かないと思います。

 

 

 

最初をそれを続けていって

慣れてきたら2駅歩くとかにしていくといいですよ。

 

 

行きに1駅、帰りに2駅とかでも問題ないです。

 

 

肝心なのは毎日少しでもいいから続けるってことです。

 

 

こちらに記事に詳しく書いてあるのでよかったら見てくださいね。

 

思い出した時にやればOK、5分でできる睡眠の質の上げ方

 

 

運動が睡眠にいいのは話しましたが

どんな時間帯に運動をして言いわけではありません。

 

次は運動するのにNGな時間帯について話します。

 

 

 就寝直前の運動がしちゃダメ!!

 

運動は寝る3時間〜4時間前に終わらせるようにしましょう。

 

 

運動をしている時って交感神経っていう

脳が興奮状態になっていて寝る状態とは真逆なので

就寝前に運動すると寝られなくなってしまう可能性があります。

 

 

 

また、体温にも関係していて

体の深部体温を下げることで眠れるんですが

運動直後だと体温が上がっているので

なかなか体温が下がらなくて寝るのに時間がかかってしまいます。

 

 

寝る直前に運動をしてはいけないといいましたが

激しい運動をしてはいけないだけで

ストレッチやヨガなどは筋肉の緊張がほぐれて

体リラックスできるので効果的ですよ。

 

 

 

軽めの筋トレなんかも効果的ですね。

 

僕は軽めのダンベルで筋トレをするようにしてます。

 

 

少しだけでもやるだけ違ってくるので

個人的にはオススメですね。

 

 

筋肉も少しづつついてくるので楽しいですよ。

 

僕は筋トレも三日坊主だったんですが

テレビとか見ながら軽くやるだけなので

そんなに苦じゃないですね。

 

 

慣れてくれば回数もこなせるようになるしめっちゃいいですよ。

 

 

筋肉もつくし寝つきもよくなるしで最高です。

 

 

今回は睡眠と運動の関係について話しました。

 

 

 

仕事で疲れている人こそ少しの運動で疲れも取れるし

快適に寝られて次の日の疲れもぶっ飛ばすことができるようになります。

 

 

僕も最初は1日5分とかしか歩いたりしませんでした。

 

でも、慣れてくるとそれが10分、30分と増えていくんですよ。

 

 

自分が鍛えられているのがわかるのはすごい楽しいです。

 

 

しかも、寝つきもよくなって

朝も気持ちよく起きることができるようになる。

 

 

これって最高ですよね。

 

 

毎日やることでだんだんと効果が出てきます。

 

 

だから毎日少しでもいいので

歩いたりストレッチするようにしていきましょう!

 

 

睡眠の質を上げる方法についてはメルマガでも詳しく話しているのでよかったら登録してくださいね。

 

むつきの睡眠メルマガ

 

 

それでは、今日はこの辺で。

 

 

ハーブの休息レビュー、飲むだけで睡眠の質を上げられる最強のドリンク

 

思い出した時にやればOK、5分でできる睡眠の質の上げ方

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんにちは、むつきです。

僕は不眠症でしたが睡眠の勉強をして今ではそれもなくなり

嘘のように寝られて朝スッキリ起きられるようになっています。

 

ですが、

そんなの怪しいですよね。

 

お前には才能があったんだろ?とか思う人もいると思います。

 

僕はもともと睡眠の質がよかったわけでもなければ、

勉強が得意だったわけでもありません。

 

そんな僕でも睡眠の質を上げて、

布団に入ってすぐに寝られて朝までぐっすり寝られるようになりました。

 

どんな人でも睡眠の質を上げることができるし

学んでいけば誰でも快適に寝られるようになれる。

 

僕が快適に寝られるようになった情報を包み隠さず書いています。

      

むつきの睡眠メルマガ

 - 睡眠, 運動